猫との生活

猫の飲み水は水道水で大丈夫?

こんにちは!ジャンです。

猫の飲み水ってどうしてますか?

猫って水分を多く摂らせてあげることが大事だと前に書きました。

尿路結石のリスクを減らす為にも、水分を多く摂らせてあげたいですよね。

僕は水道水をあげてますが、水道水ってあげて大丈夫か不安になったので調べてみることにしました。

因みに僕は静岡に住んでいますが、水道水は飲用でも大丈夫です。

若い時、東京に住んでいた時は水はちょっと美味しくなくて水を買っていたので住む場所によってはもしかしたらダメなのかも…。

とりあえず調べていきましょう(*’ω’*)

水道水を飲ませても大丈夫!むしろ水道水!

はい、あっさり結論が出てしまいました。

猫は水道水で問題ありません。むしろ水道水の方がいいのではないでしょうか!!

と僕が思ったのには理由がございます!(`・ω・´)

水道水は軟水だったので猫の体に優しい

日本の蛇口からでる水道水は軟水という水でした。

静岡でも東京でもどこでもそうみたいです。

その軟水が実は猫の体に優しそうなんです。

でも、軟水ってなんでしょう?聞いたことあるけど…。

軟水という事は、その逆に硬水というのもあります。どう違うかと言うと…

軟水と硬水の違い

軟水と硬水の違いは一点のみで硬度の違いのみでした。

硬度とはカルシウムやマグネシウムの事を言いますが、水1ℓに対して硬度が120㎎未満が軟水となり、120㎎以上が硬水とWHOが定めています。

日本の水道水はほとんどが軟水の為、僕らは軟水に慣れ親しんでいます。

先日、コンビニで軟水と硬水が売られていて飲み比べてみましたが正直マグネシウムやカルシウムの味っていうのは僕には分かりませんでした(*_*;

(余談ですがマグネシウムなどは下剤などにも含まれているので硬水はお通じ的にはいいと言われています。)

その軟水ですが、カルシウムやマグネシウムが少ないから軟水と呼ばれているという事が分かりましたよね?

猫の体にマグネシウムってあまり良くないって知ってました??

冒頭にも書きましたが、過剰摂取は結石のリスクが高まるんです。

キャットフードでしっかり栄養が取れているので過剰摂取になりやすいと言われています。

だから、硬度が少ない軟水を飲ませてあげる方が猫の体に優しいと言えるんではないでしょうか。

硬水を飲ませることによって起こるリスク

硬水のミネラルウォーターなどを飲ませると病気のリスクが高まります。

代表的な尿路結石や尿結晶、腎臓病など…。

体にいいと思いがちですが、実は猫の体には負担が掛かりやすい飲み物と言えるでしょう。

猫は水道水でいいのか?まとめ

猫の飲み水は体に優しい軟水の方がいい!

水道水は軟水なので猫にあげても大丈夫です!

逆に、硬水のミネラルウォーターなどを飲ませるのは尿路結石などのリスクが高まるのでオススメできない事が分かりました。