猫との生活

猫に乾燥は大敵!乾燥肌にならない為の4つの工夫

こんにちは!ジャンです。

空気が乾燥すると猫にも影響が出てくるそうです。

僕も乾燥肌なので痒くなったりしますが、猫の場合はどうでしょうか。

乾燥は冬はしやすいですが、実は夏も乾燥しやすいそうです。

乾燥と猫について調べてみました。

乾燥するとどうなるの?

空気が乾燥してくると猫にも影響がでてきます。

どんな影響が出るのかと言いますと…

猫からフケが大量に出てくる

猫のフケは古い皮膚です。人間と同じように猫も代謝によって皮膚がどんどん新しいものに変わっていくのですが、乾燥してくるとフケが出やすくなってくるようです。

フケはダニなどの餌になるみたいなのでない方が僕はいいなって思います。

フケが出る原因は他にも沢山あったので、「猫のフケの原因とその対策」というタイトルでまとめてみましたので是非参考にしてみて下さい!

フケが少量の場合は自然現象なので全く問題ありませんが、大量に出たり、猫が痒がっているように見える場合は病気の可能性もあるので注意が必要です(+o+)

乾燥による静電気で猫が痛がったりします。

乾燥すると静電気って凄いですよね?

僕は車のドアに触れただけでバチバチッってなっていつも嫌な思いをしています(;´・ω・)

同じように猫を触ろうとするとバチバチッってなって猫が嫌がったりしてしまいます。

他にも静電気の季節になると周辺の抜け毛とかゴミとかが猫の体にずっとついたままという状態が続いてしまっていつもかわいそうなんですよね(;´・ω・)

猫の乾燥対策とは

猫が乾燥しないようにするには、やはり気温や湿度が関係していきます。

どんな対策があるのでしょうか。

①加湿器を使う

一番簡単に乾燥した室内を潤すことができます。

加湿器にもいろいろ種類がありますが、スチーム式だと吹き出し口が熱くなっているので、安全で安心な超音波式がいいです。

部屋の大きさにもよりますが僕はこれを使っています!

ミソとオカカが出てくる水蒸気と格闘している姿は可愛いです(*´▽`*)

あなたの猫ちゃんもきっとより可愛くなるかと( *´艸`)

あと、アロマオイルを垂らして使うものもありますが猫がいる場合は使わないほうがいいかと思います。

②水を摂取してもらうようにしましょう

猫に直接水分を取ってもらうことも大事です。

特に猫は水分をあまり取らない動物なので工夫が必要です(*’ω’*)

うちの猫もなかなか水分を取らない方だと思うので、僕はカリカリのご飯にウエットフードを混ぜり、湧き出る水を使って猫の本能でお水を飲ませたりしています。

この湧き出る水は猫にとって革命かもしれません!

☝猫に飲みやすい形になってます。

☝多頭飼いの方はこちらの方がオススメです。

③ブラッシングをして血行をよくする

猫にブラッシングをすることで猫の血行を良くすことができます。

血行がよくなると食べた物の消化もよくなって栄養も吸収されやすくなるそうです。

何より、フケが付いた抜け毛を減らすことができます。

フケはダニなどの栄養源なのでない方がいいんです。

そんな猫用ブラッシングで僕が愛用しているのはこちらです。

そう!「ファーミネーター」です!

まさに猫の抜け毛がホントにこれでもかっ!ってぐらい取れます。

ジャンオススメの1品です。

④エアコンの暖房を控えめにする

エアコン使うと温度は上がりますが、湿度が下がるのでとても乾燥します。

加湿器と並行して使うなど湿度を下げないような工夫を僕はしてますよ!

冷房も乾燥しがちなので換気したりして湿度には気を付けています。

猫に乾燥は大敵!乾燥肌にならない為の4つの工夫のまとめ

猫にとって乾燥は大敵です。

乾燥してくるとダニの繁殖原因となるフケも多くなるし、触るとバチバチなる静電気も可哀そうです(;´・ω・)

乾燥しないように、加湿器を使ったり水分を多く取らせりなどの工夫が大事です。