猫の病気

猫に牛乳は大丈夫だけど注意が必要です。

こんにちは!ジャンです。

ドラマとかで主人公が子猫を拾ってきて家で牛乳飲ませているシーンを見たことがあったのですが、

実は、猫に牛乳は良くない!って知ってました?

厳密に言えば飲んでも大丈夫な猫ちゃんもいます。

ただ、飲んで大丈夫かどうか、あなた分かりますか?

僕はわかりません。

だから、飲ませる時は注意が必要なんです。

どうして牛乳がダメな猫がいるのか。

どんなミルクならいいのか調べました。

因みに僕は牛乳飲むとなぜか下痢になります(`・ω・´)

牛乳の栄養価について調べてみました。

牛乳は知ってると思いますが、栄養満点な飲み物です。

僕も牛乳大好きです!(*’ω’*)

牛乳には、たんぱく質、ビタミンA、カルシウムが豊富に含まれています。

ただ、実際はキャットフードに含まれている栄養で足りるため、猫には牛乳を与える必要が本来はありません。

それに大人になった猫にとって牛乳は高カロリーの為、肥満の原因になると言われています。

また、老猫にとっては、牛乳に含まれているナトリウムイオンが心臓に負担を与えるといわれています。

もし、子猫に与える場合で調べてみると、牛乳と猫乳は栄養成分が違いました。

猫の乳の方が栄養成分が濃厚なので、牛乳だけで子猫を育てると発育不良を起こしてしまう可能性があります(´゚д゚`)。

もし、牛乳だけで育てるとお考えの方は専用の猫用ミルクか牛乳+カリカリ等を与えてあげるといいと思います。

猫が牛乳を飲むとお腹を壊すことがある。

牛乳に含まれる「乳糖」という成分が分解できない猫がいます。

飲んで大丈夫な猫もいますが、飲んでみないと分かりません。

分解できないと下痢になってしまう為、猫に牛乳は止めた方がいいと言われています。

分解するためには「ラクターゼ」という酵素が必要ですがこの酵素が猫の体内にあるかないかで分解できるか決まるそうです。

実はこれ人間も同じでラクターゼが少ない人は牛乳飲むとお腹壊します。

つまり僕はラクターゼが少なかったということが今わかりました( ゚Д゚)

これは人それぞれ、猫それぞれなのでしょうがない事なのかもしれません。

大丈夫な猫には与えても大丈夫でしょう(`・ω・´)

猫に牛乳をあげる時の4つの注意点

①飲んで大丈夫な猫かどうか確かめる

まず、猫が飲んで大丈夫か確かめる必要があります。

いきなり沢山あげて下痢になってしまうと脱水症状になりかねません。

まずはスプーン1杯程度からあげて様子をみていきましょう。

②冷たい牛乳は避けるべき

冷蔵庫から牛乳を取り出して、「はい、どうぞ!」は危険です。

僕もそうですけど、冷たい牛乳飲むとお腹痛くなるんですよねー( ゚Д゚)

猫は体も小さいので余計注意が必要です。

僕は少しあたためてあげています。

※温めすぎると胃に脂肪の幕ができるので温め過ぎも良くないです。

体温程度がいいかと。

③脂肪高めなのでご飯の量を調整する

牛乳は肥満の原因になるくらい脂質が高いです。

なので牛乳をあげた日はご飯の量を調整します。

④低脂肪牛乳や無脂肪牛乳・もしくはスキムミルクをあげる

肥満を抑えるという意味では上記のような方が脂肪分少な目なので肥満を抑える効果があります。

 

牛乳がダメな猫にあげるミルクあるんです。

牛乳だとお腹壊しちゃう猫向けというわけではありませんが、

猫用ミルクというものがあります。

僕は牛乳からキャットミルクに切り替えました。

下痢になってしまうからという理由じゃないですが、このミルクに切り替えて良かった事がたくさんあったからです。

  • 猫用というだけあって栄養が牛乳より優れている
  • 粉末なので長持ちする
  • 猫の母乳に近いため、子猫の場合はこのミルクだけで育てられる
  • 乳糖を調整してあってお腹にやさしい
  • 猫の食欲が落ちた時にあげると割と舐めてくれます。

と牛乳よりメリットが多かったです。

デメリットはスーパーには売ってない事と牛乳より高い事ぐらいでしょうか。

粉ミルクにもたくさん種類があるので色々試してみるといいかもしれません。

猫に牛乳を与えていいのか?まとめ!

猫に牛乳をあげても大丈夫な猫とダメな猫がいるので注意が必要です。

もしあげる場合は少量から試した方がいいかも。

肥満の原因にもなるので量で調整しましょう。

キャットミルクもあるのでそっちに切り替えるのがオススメです。