猫との生活

猫が捻挫してしまいました!怪我した原因と症状を調べてみました

こんにちは!ジャンです。

先日、ミソが前足を引きずっているのを発見しました。

初めての事だったので、僕はとてもビックリしてすぐミソの前足を見てみたのですが、特に血が出ている訳でもありませんでしたので、オカカとケンカしたわけじゃなさそうだったんですが、とりあえずホッとしました。

「という事はなんでだろう??」

いつも元気に走っているのに前足を引きずっている姿を見るととても心配です。原因が余計も分からないのですぐに病院へ連れていくことにしました。

猫も様々な理由で捻挫することがある

先生が言うには、「骨には異常がなさそうだから捻挫でしょう」という事でした。

猫も捻挫するんだなぁと思いましたが、なんで捻挫したのでしょうか。

考えられる猫の捻挫の理由を調べてみました。

高い場所からの着地で失敗して捻挫

猫は自分より高い場所へジャンプしたり、逆に高いところから下へジャンプしたり運動神経がとても高いイメージですが、実は着地に失敗して怪我することがあるみたいです。

その原因の一つに猫の爪が長くてそれが引っかかってジャンプに失敗して着地に失敗することがあるそうです。

外に出る猫は爪がある程度アスファルトなどで爪が削れるのですが、完全室内飼いの猫は爪は伸びっぱなしなので定期的に爪切りしないと危ないかもしれません。

どこかに足をぶつけて捻挫する

多頭飼いの場合、猫は追いかけっこをすることがよくありあます。

猫も興奮しだすと周りが見えなくなったりして壁などにぶつかったりすることもしばしばあります。

また、フローリングの場合は滑ったりして危ないこともあります。

そんな時に足をぶつけてしまって怪我をしてしまう事もあるようです。

そんな時、僕は2匹の間に割って入るようにしています。

そのままにしておくと酷い場合はケンカになって爪で攻撃したりどちらかが噛まれてしまう可能性もあるので割って入ったほうがいいと思ってます(;´・ω・)

捻挫した時の症状はどんな感じだったか

                                <a href="https://www.photo-ac.com/profile/1740663">isekai trip</a>さんによる<a href="https://www.photo-ac.com/">写真AC</a>からの写真
  1. 足をあげてピョコピョコ歩く
  2. 足をかばって歩いたりジャンプしている
  3. 悲しそうな(痛そうな?)か細い声で鳴いている
  4. 自分のゲージにいる時間が多かった

こんな感じでいつもと違いました。

特に悲痛な鳴き声は聞いていてホントに可哀そうになってしまいました。

でも、怪我した部分は腫れることもことなく熱もなかったので良かったのと、

食欲は普段と変わらない様子だったのでそこは良かったです。

自分では捻挫なのか骨折なのか、はたまた別の病気なのか判断するのは危険だと思うのですぐ病院に連れていくべきだと思います。

その方が早く安心できます。

その後ミソは2日ぐらい足を引きずって可哀そうでしたが3日目から治ったようで普段と変わらない生活に戻ることができました!(*´▽`*)

猫が捻挫しない為に

猫が捻挫しない為には

  • 物に引っかからないように爪を定期的に切るようにする
  • 着地する場所が安定しているようにする
  • 地面が滑らないように滑り止めマットを引いたりする

猫が捻挫した!まとめ

俊敏で体が柔らかい猫も様々な原因で捻挫することがあります。

捻挫しないようにするために爪を切ったり家の環境を整えることによって防ぐことができそうです。

猫が健康的でいられるように飼い主さんは気を付けましょう!