猫との生活

猫が心を許すときの5つの仕草やサインをまとめました。

こんにちは!ジャンです。

猫は警戒心がとても強くなかなか初対面では懐かないと言われています。

うちの猫は例外で誰にでもすり寄って行くスタイルみたいですが。。。

猫が人間に心を許すときってどんな仕草やサインをしてくれるのでしょうか。

喉をゴロゴロ鳴らす

まず、定番の喉をゴロゴロ鳴らすですね。あなたも聞いたことはあるんじゃないでしょうか?

猫は安心したりリラックスできていると、このゴロゴロをしてくれます。

うちの猫は僕のが近くにいるときはいつもゴロゴロしてます。

でもどうやって鳴らしているのかはいまいち分からないですけど(;´・ω・)

でも、猫がゴロゴロ鳴らしてくれているのは、こちらとしてもいい気分で安心できますよね。

頭や体をこすりつけてくる

こちらも猫の愛情表現の一種だと言われたり、猫が自分の匂いを僕たちに付けて自分のものにしようとしていたりするそうです。

なんかそれ聞いたら可愛いですよね?(*´▽`*)

外から帰ってくるとよくやられるので、猫の匂いは取れてしまっているようです。

自分の上に乗ってくるか体を密着させてくる

これはみそが僕のお腹の上で寝てしまっています。

脚を触っても起きない!(;´・ω・)

嬉しくてトイレを我慢しておりました。

でも、飼い主の上に乗って来たりするのは愛情表現ですよね!?

仲間だと思ってくれているようです。

鼻をつけてくる

猫の鼻先を僕の顔につけて挨拶してきてくれます。

これは猫にとっての「こんにちは」的な感じなのでしょうか。

僕も猫の鼻に自分の鼻をくっつけてあいさつしていますよ~。

仰向けになりお腹みせてくれる

猫にとってお腹は急所の1つでなかなか慣れないと見せてくれないです。

でもそのお腹を見せてくれた時とてもうれしいです。

みそはほとんど見せてくれません。

おかかはほとんど見せてきます。なんて殊勝な猫なのでしょうか。

【まとめ】猫に心を許してもらうためには

猫が僕に心を許してもらえたのはきっと子猫の頃から一緒に生活しているからでしょうか。

僕がいて当然なような感じに思っていることでしょう。

僕も猫たちがいて当然です。

そのような関係を作るのは時間と猫に向き合う事なのかと思いました。