猫との生活

キャットフードはグレインフリーより、穀物入り方が良かったりする。

こんにちは!ジャンです。

この前、グレインフリーのキャットフードについて書きましたけど、そんなにグレインフリーのキャットフードってメリットないような気がして、「これって逆に穀物入りにするメリットってなんだろ?」って思ったんです。

調べてみたら穀物入りだからって悪いわけじゃなくて、穀物入りの方が逆に猫の消化が良くなったりするらしいです。

今日は穀物入りのキャットフードも実は体にいいんですよって記事です!

前回書いたグレインフリーの記事はこちらです(*´▽`*)

穀物入りの方が猫の体に優しい!

市販のキャットフードでよく見かけるのが、小麦・大麦・トウモロコシ等の穀物が入っているペットフードです。

安価で量も結構入っているので飼い主さんとしては買いやすいフードの1つだと思います。

よく猫友達から穀物入りって猫の体に悪いって聞いていたので、僕の頭の中では穀物=猫に悪いと思い込んでいました。

しかし、穀物入りペットフードを販売しているのは日本の大手企業様です。

パッケージの裏には「猫の事を考えて食べ物を配合しています。」的な分も書いてあるので安心できそうな気もします。

じゃあ、なんで穀物入りでも安心できるのでしょうか。

穀物入りでも安心できる理由!

そもそも、猫が穀物を食べるのは良くないというのは嘘で、正確には「穀物を食べなくても大丈夫」という認識が正しいです。

「猫は肉食なので穀物を消化しにくい構造になっている。」

ということなので、穀物をたべてはいけないという事にはなっていません。

穀物の主成分である炭水化物は主にデンプンからできています。

猫はデンプンをそのままでは消化することができませんが、加熱することでデンプンは糊化します。そうすることによって、猫もデンプンを体内で消化できるようになります。

また、人間と違って猫にはデンプンを分解する酵素が唾液には含まれていません。人間のように口腔内で消化することはできません。つまり、人間のように味覚は猫にはないのです。

口腔内で消化できないかわりにデンプンは小腸で消化することができます。

ただし多すぎると猫の健康に影響が出るため適量であることが大事です。

しかし、適量であれば猫にとって非常に良い食材となります!

穀物が猫にもたらす好影響!

  • 食物繊維が豊富なので便秘知らずで体内の毛玉排出や腸内洗浄が期待できます!
  • 猫には関係ないですが、飼い主にしてみれば安い!

食物繊維がグレインフリーのフードに比べると圧倒的に多いので猫の健康にとても良さそうな事がわかりました!

ちょっと待って!穀物入りフードの心配な事

ただし、猫にあげてはいけない場合もあります!

それは、あなたが飼っている猫が穀物アレルギーだった場合このフードは猫ちゃんにはあげてはいけません。

見てわかるものでもないので、病院でアレルギー検査してもらうのが一番いいでしょう!

キャットフードはグレインフリーより、穀物入り方が良かったりする!まとめ

悪いイメージがあった穀物入りのキャットフードですが、今まで猫が消化しにくかった穀物を加熱して糊化させることによって猫でも消化しやすいものとなりました。

穀物入りのキャットフードは安価で手に入れやすいメリットとグレインフリーのフードと比べて食物繊維が多いため、猫の健康にとってもメリットがあるフードです。

猫それぞれの好き嫌いはあると思いますが、安心して与えることができるキャットフードでした。