猫との生活

猫のフローリング対策はどうしてます?滑ったり、嘔吐しても大丈夫な工夫。

こんにちは!ジャンです。

猫と暮らしていると「猫と床の関係」って結構気になったりしませんか。

  • 追いかけっこで走ったりするとツルツルツル~って滑ってしまう。
  • 歩いていて爪がカチカチ音がして、ちょっと気になる。
  • 猫が高い所から降りる足音って意外大きくて気になる。
  • 猫の嘔吐物の跡が残らないか心配。

僕が賃貸で飼っていた時は発したりする時の足音が結構大きめなので、結構苦情が来ないかヒヤヒヤしていました(;´・ω・)

でも、猫を飼う上で床というのは非常に重要な部分であります。

猫にとっていい床とはなにか調べていきたいと思います。

床が猫に与える影響とは!!?

今はどこの家もフローリングが多くなってきたと思うので、フローリングが猫に与える影響はどんなものなのか調べてみました。

フローリングによっては滑って危険

フローリングといってもたくさん種類がありますが、ツルツルしているフローリングの場合はよく滑ります。

ワックスが付いているフローリングなどもよく滑って危険でした。

最近の建材メーカーなどはペット対応の滑りにくいフローリング等も発売してましたよ(*^_^*)表面がザラザラしており滑りにくい加工が施されています。

でも、フローリングって一番掃除が楽ですよね~(*^_^*)

フローリングは硬いので足腰に負担がかかる!?

先天的に関節が弱いと言われているマンチカンやスコティッシュフォールドにとって硬い床は歩くだけで負担が掛かると言われています。

また、老猫にとっても硬い床は負担が掛かるみたいですね。

うちの猫もそうですが爪が長いとカチカチと音が出てしまいます。

これも飼い主としてはきになりますよね。

僕の家はジョイントマットに変えました!

猫に負担が掛からないようなやつで安価なものを探してホームセンターへ行くとありましたよ!

「ジョイントマット」!

クッション性もあるし、結構安い割には厚みもあって猫にとっては安心できる床材になるのではないでしょうか!

はみ出た部分はカッターで簡単に切れますし!(*^_^*)

早速、必要数量を買って家に敷き詰めました!

オカカは喜んでいます!(*´ω`*)

ただ、キャットタワーから降りてくる時にでるドスドス音が気になるので少し様子見って感じですね。

爪が長いと、このクッションに深く刺さってしまうので基本的には爪はこまめに切っていくのが大事だと思います。

また、ジョイントクッションの為、クッションとクッションのつなぎ目がどうしても出てしまいます。なので、嘔吐物や飲み水がつなぎ目に入ると僕は念の為マットを外して拭いたりしています。

結果、ジョイントマットにして良かったと思います。

汚れたらそこを外して替えればまた使えるようになるので非常に簡単だと思います。